DTMLogic7で楽譜作成
不完全小節をつくる

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成

アウフタクト(弱起)で始まる曲では、不完全小節で改行したり繰り返しマークが付く事がある。
Logicで表記するには、リージョンを分割し、レイアウトツールで五線をドラッグして改行させる。

不完全小節はリージョンを分割する

Logic7 アウフタクト(弱起)で始まる曲 1小節目の前の不完全小節(曲の始まり)はリージョンをずらすだけで出来るが、改段する所でリージョンを分割する必要がある。
改段する小節のリージョンを分割し、出来た後ろの小節をレイアウトツールを使って下段へドラッグする。
注意するのは、パート譜表示の場合、リージョンを分割すると片方しか見えなくなってしまう点。
総譜表示に変えるか、トラック表示(インストゥルメントセット名をoption+クリック)して表示させる。
例の画像では改行部分に小節線は入ってないが、改行部分には繰り返しマークや小節線が入れられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)