DTMLogic7で楽譜作成
ペダル記号を入れる

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
ペダル記号

ペダル記号の挿入はパーツボックスからペダル記号を選択してドラッグする。
踏むタイミングなどMIDIデータに影響を与えずに位置調整する場合はレイアウトツールを使う。

ペダル記号の追加・編集

Logic7 スコアウィンドウ › パーツボックス › ペダル記号 ペダル記号はパーツボックスからペダル記号を選択して挿入する。
ペダル記号はMIDIイベントを追加するので、ヘルプタグで挿入位置を確認しながら配置をする。

Logic7 スコアウィンドウ › パーツボックス › ペダル記号 一度挿入されたペダル記号(リアルタイム録音で自動的に記録されたものを含む)の位置の調整にはレイアウトツールを使う。
踏むタイミングを変えてしまう場合は選択ツールで移動すればいいが、細かいタイミングはイベントリストウィンドウで調整した方がいい。

イベントリストウィンドウで調整する

Logic7 イベントリストウィンドウ › ピアノのペダルのタイミング調整 音符より少し遅らせるなど、ペダルの細かなタイミングの調整はイベントリストウィンドウで行う。
ペダルはMIDIイベント「Control」として表示される。
イベントの発生タイミングは「Position」数値をダブルクリックしてディビジョンやティック単位で入力・適用する。

罫線のペダル記号

Logic7 スコアウィンドウ › 罫線のペダル記号 画像にあるような罫線で示されたペダル記号はLogicでは用意されていないので、パーツオブジェクトから似たような記号を選んで代用する。
このオブジェクトのグループは表記のためであり演奏には影響を与えない。

Logic7 スコアウィンドウ › パーツオブジェクトから似たような記号を選んで代用 このグループのパーツオブジェクトはMIDI演奏に影響を与えない。

罫線のパーツをペダル記号に代用する場合は挿入した後、左右の端のハンドルを上下にドラッグして反転させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)