DTMLogic7で楽譜作成
楽譜の内容を複製する

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成

リージョン単位でのコピーはアレンジウィンドウで行うと楽。
スコアウィンドウ上で、複数の記号や音符をまとめてコピー・ペーストするときはマルチペーストを使う。

アレンジウィンドウでリージョンをコピー・ペースト

Logic7 アレンジウィンドウ › リージョンを複製 ある程度ひとまとまりになった楽譜の内容を複製する時はアレンジウィンドウでリージョンをコピー・ペーストする。
表現記号や休符などはマトリクスウィンドウではコピペはできないが、リージョンならメタデータが入っているので手っ取り早い。

スコアウィンドウでの他のリージョンへのコピー・ペースト

スコアウィンドウでは、表現記号などをドラッグで別リージョンへペーストすることはできない。
別リージョンへコピーするには、

  1. ペーストする内容をコピーした状態(クリップボードにある状態)で、ペースト先リージョンを選択する。
  2. SPL(ソングポジションライン)をペースト先リージョンの頭(一拍目)に移動させる。
  3. 「メニュー › 編集 › マルチペースト」を実行する。

別トラックのリージョンへコピー・ペースト

別トラックの同じ時間軸のリージョンへのペーストは、リージョンをコピーした状態(クリップボードにある状態)で「メニュー › 編集 › オリジナルポジションへペースト」する。SPLの位置は無視する。

オブジェクトを繰り返し挿入する

オブジェクトを繰り返し挿入する時は「メニュー › 編集 › オブジェクトのリピート(R)」を使う。
コピーしたい内容を選択してRを押す。リピートのウィンドウが出るので、リピートする回数や間隔を指定する。
同じリージョン内でのみ可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)