DTMLogic7で楽譜作成
シンコペーションの表記

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
シンコペーション

シンコペーションはリージョンごと、音符ごとのどちらでも設定できる。
一部分にしか出てこないのであれば該当する音符にだけ適用すればいい。

リージョンは表示パラメータで、各音符は音符属性ウィンドウで設定する

Logic7 スコアウィンドウ › シンコペーション設定 リージョン全体に設定する場合は、スコアウィンドウの表示パラメータにある「シンコペーション」をオンにする。

表示パラメータで対応できない細かいシンコペーションや個別に設定したい場合は、該当する音符をダブルクリックして音符属性ウィンドウを開き、シンコペーションの値を「強く」に変更する。
逆に、シンコペーションが有効になっているリージョン内の個別の音符を通常に戻す場合は、該当する音符のシンコペーションの値を「弱く」にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)