DTMLogic7で楽譜作成
MIDIデータを複数選択する(トランスフォーマー)

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成

スコアウィンドウでの作業に限らず、MIDIデータを複数選択するのにいちいち1コ1コ選ぶのは大変なので、ある程度まとまった数のイベントを操作する場合はトランスフォーマーという機能を使う。
トランスフォーマーは「メニュー › ウィンドウ › トランスフォーマー(shift+command+X)」で開く。

条件に合うデータを探し選択状態にする

Logic7 トランスフォーマー トランスフォーマー

トランスフォーマーでは検索する条件を指定してMIDIデータを選択・一括処理することができる。 検索の条件は、画像で赤く大きく囲われた部分を使用する。
項目が表示されていない時は、左上にある「使用していないパラメータを隠す」のチェックを外す。
下にある「選択されたイベントに対し実行」は一括処理のための設定なのでココでは使用しない。

条件に指定する項目

バイト位置
リージョンの先頭を基準にした位置。
ステータス
データの種類、音符であれば「Note」。
チャンネル
データのMIDIチャンネル。
ピッチ
音高。
ベロシティ
MIDIでの音の強さの単位。
レングス
MIDIでの音の長さの単位。楽譜上で表記された音価は関係ない。
サブポジション
バイト位置と違い、おそらく小節の先頭が基準となるよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)