DTMLogic7で楽譜作成
歌詞を入れる

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
Logic7 楽譜に歌詞を入れる

Logicでは、楽譜の音符に添える形で歌詞を入力する。テキストツールのオブジェクト“LYRIC”を目的の音符までドラッグ。
通常のテキスト同様、配置やスタイルの調整ができるので、歌詞専用のテキストスタイルを登録しておくと便利。 歌詞はテキストツールを使って入力する。

テキストオブジェクト “LYRIC”

歌詞入力は、「ツールボックス › テキストツール」オブジェクト“LYRIC”を目的の音符までドラッグする。入力の際は、前もって歌詞のテキストスタイルを定義しておくか、イベントパラメータでフォントやサイズを指定しておく。

入力中は、TABキーで次の音符へ移動する。returnキーやenterキーで入力状態が解除される。
間違えて入力したり後から変更を加えるときは、いったん該当の文字を削除してから再びオブジェクト“LYRIC”で入力する。音符にすでに歌詞があると2番になる。
音符に添えられた歌詞の大きさや量によっては楽譜のレイアウトに影響を与えることがあるので注意。

歌詞の高さをそろえる

高さがバラバラの歌詞を揃えるには、どれか1文字を選択後「メニュー › 編集 › 似たオブジェクトを選択」にして、「イベントパラメータ › 縦位置」をoption + クリックする。イベントパラメータの数値が絶対値指定にかわったのを確認して調整する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)