HTML5タグリファレンス
dl

投稿 | | カテゴリー タグリファレンス, HTML5

<dl>要素は、0個以上の名前と値のグループ(説明リスト)から成る解説リストを意味します。
名前と値のグループは、1つ以上の名前(<dt>要素)、とそれに続く1つ以上の値(<dd>要素)で構成されます。用語と定義、質問と回答、名前と値など任意の組み合わせで使用できます。
これまでのHTMLでは対話のマークアップにも利用できるとされていましたが、HTML5では<p>要素を使うことが推奨されています。


カテゴリ
フロー・コンテンツ、パルパブル・コンテンツ(一つ以上の<dt>要素と<dd>要素のグループを含む場合)
配置場所
フロー・コンテンツが置ける場所。
内容
0個以上の<dt>要素に続く<dd>要素のグループ
属性
グローバル属性

accesskey, class, contenteditable, data-*, dir, hidden, id, lang, spellcheck, style, tabindex, title, translate

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>HTML5 › dl</title>
</head>
<body>
<h1>HTML5 › dl</h1>
<dl>
<dt><dfn>DL要素</dfn></dt>
<dd>DL要素は、0個以上の名前とそれに続く値のグループ(説明リスト)から成る解説リストを意味します。名前と値のグループは、 1つ以上の名前(DT要素)、続いて1つ以上の値(DD要素)から構成されています。ひとつのDL要素内では、各DT要素に対して複数のDD要素があってはいけません。 </dd>
</dl>
</body>
</html>