HTML5タグリファレンス
meta

投稿 | | カテゴリー タグリファレンス, HTML5
HTML5で変更

<meta>要素は、<title><base><link><style><script>など他のメタ要素で表すことができない、文書に関する様々なメタ情報を指定する要素です。
namecharsethttp-equivのいずれかひとつの属性を設置する必要があります。
namehttp-equivが指定されている場合はcontent属性が必須になります。


カテゴリ
メタデータ・コンテンツ
配置場所
charset属性が指定されている、またはhttp-equiv属性が文字コード指定になっているものは<head>要素の直下。
その他でhttp-equiv属性が指定されているものは<head>要素の直下と<head>要素の<noscript>要素内。
name属性が指定されているものはメタデータ・コンテンツが配置可能な場所。
内容
なし(空要素)
属性
charset="文字コード" HTML5で追加

文書の文字コードを指定します。この属性で文字コードを指定した場合は従来のhttp-equiv="content-type"による文字コード指定は入れられません。

<meta charset="UTF-8">
name="データの名前"

名前を指定し、content属性に値を指定します。

<meta name="author" content="オレ">
http-equiv="キーワード"

http-equiv属性が指定された<meta>要素はプラグマ・ディレクティブになります。プラグマ・ディレクティブは、ユーザーエージェントに対する命令指示子です。
以下のようなキーワードが定義されていますが、機能しないものもあります。

content-language文書の言語*
content-typeファイルタイプ、文字エンコーディングの宣言
default-styleデフォルトのスタイル
refreshリロード、リダイレクト
set-cookieクッキーのセット*
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=UTF-8">
content=""

name属性、http-equiv属性の内容に合わせて必要な値を指定します

<meta name="description" content="シグマシーグマゴーッドシグマッ!">
グローバル属性

accesskey, class, contenteditable, data-*, dir, hidden, id, lang, spellcheck, style, tabindex, title, translate

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>HTML5 › meta</title>
<meta name="author" content="オレ">
<meta name="description" content="meta要素のサンプルページ。">
</head>
<body>
<h1>HTML5 › meta</h1>
<p>
これはHTML5のmeta要素のサンプルです。
</p>
</body>
</html>