HTML5タグリファレンス
option

投稿 | | カテゴリー タグリファレンス, HTML5

<option>要素は、<select>要素、または<datalist>要素の中の一つの選択肢を表します。<option>要素の選択は、ブール(真偽)状態であり最初は選択されていない状態「false(偽)」です。予め選択された状態「true(真)」にするにはselected属性を指定します。


カテゴリ
なし
配置場所
<select>、または<datalist>、または<optgroup>の子要素として。
内容
label属性とvalue属性の両方がある場合はなし(空要素)。label属性がありvalue属性がない場合はテキスト。label属性がない場合は空白ではないテキスト。
属性
disabled[="disabled"]

指定することでコントロール無効の使用不可の状態にします。

label="ラベル"

表示に使用するラベルを指定します。指定しない場合は代わりに要素の内容のテキストが表示されます。label属性を指定する場合は値を空にしてはいけません。

selected[="selected"]

指定することで、予め選択された状態で表示されます。

value="パラメータ値"

フォーム送信に使用される値を指定します。指定しない場合は代わりに要素の内容のテキストがパラメータ値となります。

グローバル属性

accesskey, class, contenteditable, data-*, dir, hidden, id, lang, spellcheck, style, tabindex, title, translate

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>HTML5 › option</title>
</head>
<body>
<h1>HTML5 › option</h1>
<form method="post">
<select>
<option value="1">1個</option>
<option value="2">2個</option>
<option value="3">3個</option>
<option value="4">4個</option>
<option value="5">5個</option>
</select>
<input type="submit" value="送信">
</form>
</body>
</html>