HTML5タグリファレンス
script

投稿 | | カテゴリー タグリファレンス, HTML5

<style>要素は、HTML文書の中にスクリプト、またはデータブロックを埋め込むための要素です。通常は、デフォルト値のMIMEタイプtype/javascriptのまま、JavaScriptの記述に使用します。


カテゴリ
メタデータ・コンテンツ、フロー・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、スクリプトサポートエレメント
配置場所
メタデータ・コンテンツまたはフレージング・コンテンツ、スクリプトサポートエレメントが配置可能な場所。
内容
src属性がなければ、type属性の値に従ったスクリプト。
src属性があれば、typeなし、またはスクリプトのドキュメント(コメント)のみ。
属性
src="URL"

外部スクリプトのURLを指定します。

type="MIMEタイプ"

スクリプト言語のMIMEタイプを指定します。デフォルト値は「type/javascript」です。

<script type="type/javascript">
alert ( document.getElementsByTagName('p').length );
</script>
charset="文字コード"

src属性で外部スクリプトを指定した場合のみ、文字コードを指定します。

<script src="./euc.js" charset="EUC-JP">
async[="async"] HTML5で追加

非同期でスクリプトを実行します。src属性で外部スクリプトを指定した場合のみ設定可能です。
async属性とdefer属性のいずれも指定されていない外部スクリプトは、ページの解析の途中であっても読み込んだ後すぐに実行されます。async属性が指定されている外部スクリプトは、利用可能となった段階で実行されます。

<script src="./action.js" async>
defer[="defer"]

スクリプトの実行をページの解析を終えるまで延期します。src属性で外部スクリプトを指定した場合のみ設定可能です。

<script src="./action.js" defer>
crossorigin=""

src属性で指定したファイルが他のドメインに存在する場合にCORS(Cross-Origin Resource Sharing)リクエストの設定をします。
外部スクリプトのためにエラー情報が公開されるかどうか制御します。

anonymousCORSリクエストに認証フラグ(credentials flag)をセットしない。
use-credentialsCORSリクエストに認証フラグをセットする。
<link rel="stylesheet" href="http://example.com/style.css" crossorigin="anonymous">
参考:http://www.w3.org/TR/2014/REC-html5-20141028/scripting-1.html#attr-script-crossorigin
   CORS 設定属性 – HTML | MDN
グローバル属性

accesskey, class, contenteditable, data-*, dir, hidden, id, lang, spellcheck, style, tabindex, title, translate

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>HTML5 › script</title>
</head>
<body>
<h1>HTML5 › script</h1>
<p>
これはHTML5のscript要素のサンプルです。
</p>

<script> alert('アラートのサンプル'); </script>

</body>
</html>