HTML5タグリファレンス
select

投稿 | | カテゴリー タグリファレンス, HTML5

<select>要素は、一連の項目の中から選択するためのコントロール(メニューまたはリストボックス)を表します。各項目は、<option>要素がひとつの選択肢を表します。


カテゴリ
フロー・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ、パルパブル・コンテンツ
配置場所
フレージング・コンテンツが置ける場所。
内容
0個以上の<option>要素、<optgroup>要素、またはスクリプトサポート・エレメント。
属性
autofocus[="autofocus"] HTML5で追加

ページがロードされると自動的にフォーカスされます。

disabled[="disabled"]

指定することでコントロール無効の使用不可の状態にします。

form="ID" HTML5で追加

関連付ける<form>要素のid属性を指定します。この属性でフォームを指定することで、<form>要素に含まれていなくてもフォームの部品として機能させることができます。

multiple[="multiple"] HTML5で追加

指定することで、複数の項目を選択できるようになります。

name="パラメータ名"

フォーム送信とdocument.forms APIに使用されるこのメニューの名前を指定します。

required[="required"] HTML5で追加

指定することで、項目の選択を必須にすることができます。

size="表示行数"

表示させる項目の数を0より大きい数値で指定します。2以上を指定した場合、一般的にはメニューではなくリストボックスとして表示されます。デフォルトでは1multiple属性が指定されている場合は4です。

グローバル属性

accesskey, class, contenteditable, data-*, dir, hidden, id, lang, spellcheck, style, tabindex, title, translate

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>HTML5 › select</title>
</head>
<body>
<h1>HTML5 › select</h1>
<form method="post">
<p>自分について該当すると思うものをを全て選択して下さい。</p>
<select multiple>
<option value="しょうゆ顔">しょうゆ顔</option>
<option value="服はナウい方">服はナウい方</option>
<option value="ボンタンよりドカン派">ボンタンよりドカン派</option>
<option value="タイマンはったらダチ">タイマンはったらダチ</option>
</select>
<input type="submit" value="送信">
</form>
</body>
</html>