Mac OSX
エレコムマウスボタンにExposéを割り当てる場合はシステム環境設定のMission Controlで設定する

投稿 | | カテゴリー Mac OSX
エレコムマウス XG2BB

何年か使ったボロボロのマウス、さすがに汚いので買い替えました。新旧ともにエレコムの5ボタンのモデルですが、エレコムのユーティリティソフト「マウスアシスタント」でボタンにExposé-を割り当てたら少し困ってしまったので忘れないようにメモします。とりあえず「Exposé-デスクトップ」を使わない場合は問題なく使えると思います。

エレコム マウスアシスタント – ELECOM

エレコム マウスアシスタント
エレコム マウスアシスタント

エレコムのマウスアシスタントはインストール後、システム環境設定から呼び出します。このマウスアシスタント、ボタンに「Exposé-デスクトップ(デスクトップ表示)」を設定するとデフォルトと少し違う挙動になってしまいます。

例えば、たくさんのウィンドウを開いている時に、デスクトップ表示してデスクトップにあるファイルを選択しても、ウィンドウを元に戻すとファイルの選択が外れてしまいます。そのため選択したファイルを画面上のフォルダウィンドウへ移動したいと思っても出来なかったりします。

これではとても困るので、マウスのボタン設定は標準の機能「システム環境設定 › Mission Control」で行います。Mission Controlの設定画面にある「キーボードとマウスのショートカット」の項目でマウスの各ボタンに機能を設定します。

システム環境設定 › Mission Control

システム環境設定 › Mission Control

最初からこちらで設定すれば何も問題ないんですが、前のマウスの時にもユーティリティで設定しちゃって躓いてしまいました。ついつい忘れてしまうのでマウスアシスタントをアンインストールして覚え書きしておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)