カデンツァを表記する

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
カデンツァのような連符を表記するにはクオンタイズに頼らずにMIDIのデータ上で音符を整列させる必要がある。 テンポ・ルバートでのカデンツァはリアルタイム録音の演奏をそのまま楽譜上で表記するのは難しいので、別途スコア用トラックを用意した方がいい。 音符の整列…

1つの音符を多声にする

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
1つの符頭に上下の符尾を持つような多声の音符は、多声を表示させられる譜表を用意した上で、声部を分けて再現する。 声部を分ける 声部を分けるには、スコアスタイルで、多声を表示できる譜表を用意する。 各段に二声を表示す…

カラー・モノクロ表示

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
スコアウィンドウでは、音符などをベロシティやピッチ別にカラーで表示できる。 スコアウィンドウ上でMIDIイベントの内容を視覚的に確認できるので、用途に合わせて切り替えるとよい。 表示の切り替えは、スコアウィンドウのメニューから「表示 › カラー」。 …

MIDIデータを複数選択する(トランスフォーマー)

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
スコアウィンドウでの作業に限らず、MIDIデータを複数選択するのにいちいち1コ1コ選ぶのは大変なので、ある程度まとまった数のイベントを操作する場合はトランスフォーマーという機能を使う。 トランスフォーマーは「メニュー › ウィンドウ › トランスフォーマー(shift+command+X)」で…

ステップ入力で各弦に割り当てる

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
ギターやベースのステップ入力で、タブ譜に運指どおりの表記を行うためには、チューニングに見合ったタブ譜のスコアスタイルを用意した上で各弦にチャンネルをアサインする必要がある。 チャンネル分けすることによってスコアウィンドウだけでなくイベントリストやトランスフォーマーでも作業が出来るようになる。 …

各弦にチャンネルを割り当てる

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
ギターやベースのタブ譜で、思い通りの運指を表記するためにはチューニングに見合ったタブ譜のスコアスタイルを用意した上で各弦にチャンネルをアサインする。 Logicではダイアグラムの表記はできない。 タブ譜へのアサイン 各弦にチャンネルを割り当て…

調と拍子を設定する

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
楽譜を作成するためには、調(キー)と拍子(テンポ)を設定する必要がある。調と拍子はアレンジウィンドウかスコアウィンドウで設定する。 Logicでは、1つのソングで調と拍子を一つずつ使用し曲の途中で変更することもできるが、同時に異なった調や拍子を割り当てることは出来ない。移調楽器のスコアスタイル…

スコアウィンドウ

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
スコアウィンドウはメニューから「ウィンドウ › スコア(shift + command + E)」でいくつでも開く。 スコアを作る上ではスコアウィンドウの他、アレンジウィンドウやマトリクスウィンドウの方が作業の効率の良いものも多い。 ちっちゃい四角 …

インストゥルメントセット

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
Logic7で初めて楽譜を作ろうとした時「私の作ったトラックはどこ!?」とか「さっきと見た目が違う!」とか「何でスコアウィンドウが2つもあるの!?」とか…。 インストゥルメントセットを理解すれば全て解決する。 楽譜で表示する楽器を決めるインストゥルメン…

スコアスタイル

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
Logic7の楽譜作成で重要なスコアスタイルとインストゥルメントセット。この2つが理解できればほぼ楽譜は作れるようになる。 スコアスタイルはトラックやインストゥルメント、リージョンに割り当てられる。用途によって各ウィンドウから指定できる。 スコアウィン…