HTML5HTML5 タグリファレンス

keygen

 HTML5で追加

<keygen>要素は、公開鍵暗号の公開鍵と秘密鍵の対を生成するキーペアジェネレータコントロールを表します。コントロールのフォームが送信されると、秘密鍵がローカル環境に保存され、公開鍵がサーバに送られます。

カテゴリ
フロー・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ、パルパブル・コンテンツ
配置場所
フレージング・コンテンツが置ける場所。
内容
なし(空要素)
属性
autofocus[="autofocus"]
ページがロードされると自動的にフォーカスされます。
challenge="チャレンジ文字列"
公開鍵と一緒に送信するチャレンジ文字列を指定します。
disabled[="disabled"]
指定することでコントロール無効の使用不可の状態にします。
form="ID"
関連付ける<form>要素のid属性を指定します。この属性でフォームを指定することで、<form>要素に含まれていなくてもフォームの部品として機能させることができます。
keytype="RSA"
keytype属性は、生成する鍵の種類をキーワードで指定します。今のところ指定できるのはデフォルト値であるRSAだけです。
name="パラメータ名"
フォーム送信とform.elements APIに使用されるこの要素の名前を指定します。
グローバル属性

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>HTML5 › keygen</title>
</head>
<body>
<h1>HTML5 › keygen</h1>
<form method="post" enctype="multipart/form-data">
<p>ご意見ご感想はこちらから送信してください。</p>
<p><textarea rows="6" cols="40" placeholder="こちらへ入力してください。"></textarea></p>
<p><keygen name="key"></p>
<p><input type="submit" value="送信"></p>
</form>
</body>
</html>