タグ「セクショニング・ルート」の付いた記事

fieldset

<fieldset>要素は、グループ化されたフォーム部品を表します。子要素がある場合、最初の<legend>要素がグループの名前(タイトル)を表し、残りの部分がグループを形成します。 カテゴリ フロー・コンテンツ、セクショニング・ルート、パルパブル・コ … 続きを読む

HTML5のfigure要素を使う

HTML5で書くようになると、セマンティック(意味的)な文書構造にしたいと思って新しい要素をどんどん使いたくなってきます。ボクもちょっと前まではもう「<div>のことキライなの?」ってくらい今までのXHTMLを書き換えたりしてました。間違って使うことも多かった反省も踏まえつつ、<figure>要 … 続きを読む

td

<td>要素は、<table>の中のデータセルを表します。 カテゴリ セクショニング・ルート 配置場所 <tr>要素の子要素として。 内容 フロー・コンテンツ 属性 [html5_t … 続きを読む

figure

<figure>要素は、文書の主な流れからひとつのユニットとして参照される図版(画像、図、グラフ、ソースコード)であることを示します。必要に応じてキャプション(<figcaption>)を使用できます。参照される図版とは、文書の流れに影響を与えず別の場所へ移動しても同じ意味で扱えるコンテンツを指 … 続きを読む

blockquote

<blockquote>要素は、その内容が別のソースから引用されたコンテンツであることを表します。必要に応じて<footer>要素か<cite>要素の中で使用します。 カテゴリ フロー・コンテンツ、セクショニング・ルート、パルパブル・コンテンツ … 続きを読む

body

<html>の子要素として<head>要素の次に配置します。通常のブラウザ画面で表示されない内容(メタデータ)を囲む<head>要素に対し、<body>要素はブラウザで表示される内容を入れます。 カテゴリ セクショニング・ルート 配置場所 … 続きを読む