タグ「セクション要素」の付いた記事

address

<address>要素は、最も近い<article>要素または<body>の連絡先を意味します。<body>要素の場合は、文書全体としての連絡先となります。 カテゴリ フロー・コンテンツ、パルパブル・コンテンツ 配置場所 フロー・コンテ … 続きを読む

aside

<aside>要素は、周囲のコンテンツとの関連性が低いことを表すセクションです。サイドバーや広告、<nav>要素のグループ、<main>要素以外のコンテンツなどに使用することができます。 カテゴリ フロー・コンテンツ、セクショニング・コンテンツ、パルパ … 続きを読む

footer

<footer>要素は、ページまたはセクションの最も近い親要素のフッタ部分を表します。一般的には、関連した文書へのリンク、著作権など、セクションに関わる情報などを含みます。 カテゴリ フロー・コンテンツ、パルパブル・コンテンツ 配置場所 … 続きを読む

header

<header>要素は、ページまたはセクションの最も近い親要素の導入部分(イントロダクション)を表します。通常は、見出しとなる<h1> ~ <h6>要素を含みますが必須ではありません。見出しのほか、目次や検索フォーム、ロゴなども含むことができます。 カテ … 続きを読む

h1-h6

<h1> ~ <h6>要素は、文書またはセクションの見出しを表します。<h>に続く番号によって、一番高いランクh1(大見出し)から一番低いランクh6(小見出し)までが用意されています。ただし、HTML5ではセクションが導入されたことにより、数字の大きさに関わらず各セクションの見出しとしてマークア … 続きを読む

nav

<nav>要素は、主要なナビゲーションリンクのセクションを表します。サイトのナビゲーションバーなど主要なリンクのグループ以外の、例えばフッタの小さなリスト(ホーム、サービスや著作権といったページのリンク)といった一般的なケースには不必要です。内容がアイテムのリストを意味する場合は、ナビゲーション … 続きを読む

section

<section>要素は、文書またはアプリケーションの一般的なセクション(章・節・項)を表します。一般的に、見出しとなる要素(<h1> ~ <h6>)を含むことによって各セクションの文脈のテーマが確認されなければなりません。その部分だけで内容が完結している記事やコメントなどは<article>要 … 続きを読む

article

<article>要素は、それだけで完結する内容を持った範囲であることを示します。フォーラムへの投稿、雑誌または新聞の記事、ブログ記事、ユーザーによるコメントなどが考えられます。<article>要素がネスト(入れ子)になっている場合は原則として、内部の<article>要素の内容は外の<art … 続きを読む

body

<html>の子要素として<head>要素の次に配置します。通常のブラウザ画面で表示されない内容(メタデータ)を囲む<head>要素に対し、<body>要素はブラウザで表示される内容を入れます。 カテゴリ セクショニング・ルート 配置場所 … 続きを読む