DTM

クオンタイズをかける

リアルタイム録音でスコアに音符がうまく配置されない、細かい音符を表示させたくない、ステップ入力時に決まったステップで配置したいといった時はクオンタイズで音符を整列させる。 スコアウィンドウでのクオンタイズは再生に影響を与えずにかけることが出来る。再生にもクオンタ … 続きを読む

連符を入れる

Logicでは連桁にする音符の数に制限はない。レイアウト上無理がない限りは連桁にして、連符数を表記することが出来る。初期設定で表示された連符を変更するには、連符を形成する音符の属性を編集する。 選択した音符を連桁に 音符を連桁にするには、連桁にした … 続きを読む

記号の位置を調整する

記号の移動・位置調整も方法は音符の場合と同じだが、五線と五線の間なんかに配置する場合は注意が必要。音符と違って五線からはるか遠くへ配置できるため、データ上で上側・下側のどちらの譜表に属しているかを把握する必要がある。 正しい譜表に配置されているか確認する … 続きを読む

音符の位置を調整する

音符の高さや位置など、スコアウィンドウで音符を移動する場合は選択ツールでドラッグする。一方、実際のMIDI演奏を変えることなく楽譜上の位置を調整するだけの時はレイアウトツールを使う。 選択ツールで音符を移動する(演奏に影響あり) … 続きを読む

譜表の余白を調整する

譜表の余白やヘッダ余白はスコアソング設定で行う。スコアウィンドウでは、レイアウトツールで緑色の余白の線をドラッグして調整できる。 スコアソング設定で余白を設定する ソング全体の譜表の余白設定はスコアソング設定で行う。スコアソング設定ウィ … 続きを読む

小節を改行する

小節は、スコアソング設定で、一段あたりの基本的な最大小節数を決められるが、レイアウトツールを使ってその都度動かすことも出来る。 レイアウトツールを使う 小節の移動には、スコアウィンドウのツールボックスにあるレイアウトツールを使う。改行したい小節を掴 … 続きを読む

休符を細かく分割する

すでにある休符の分割は、自動か手動で入力されたかに関わらず可能。休符を分割する時は、前の部分が自動で最適化される分、後ろから入れるほうが手間が少ない。自動の休符を非表示にしている場合は、全て自分で入力することになるのでどこから入れてもOK。 後ろから入れる … 続きを読む

音符をタイで分割する

連符の中やシンコペーションなど、音符をタイで分割したい時は音符の途中(分割したい箇所)に休符を入れる。挿入する休符はどれでもいいが、小さいものの方が細かく分割する時は便利。 音符の途中に休符を入れる 全音符の二拍目の頭あたりに休符オブジェクトを入れ … 続きを読む

ショートカット/キーコマンドを使う

ショートカットのキーは、各ウィンドウのメニューにコマンドが記載されている。面倒なスコアウィンドウでのオブジェクトの入力など、初期設定でキーが割り当てられていないものはキーコマンドを使って登録する。 キーコマンドを使う キーコマン … 続きを読む

指番号を入れる

Logicの楽譜に指番号入力のための専用のツールは存在しないので、少し手間はかかるがテキストデータとして入力する。 歌詞入力を利用する Logicの歌詞入力では、音符に添えるようにテキストを打つことができる。この機能を利用して、あたかも指番号のよう … 続きを読む