WordPress
WordPress で SQLite を使う(さくらのレンタルサーバ ライト)

投稿 | | カテゴリー WordPress, PHP, レンタルサーバ
WordPress で SQLite を使う(さくらのレンタルサーバ ライト)

既存のサイトのWordPress化という案件があって、安請け合いしたらサーバでMySQLが使えないことが発覚!というより、以前から馴染みのある「さくらのレンタルサーバ ライト」だったけど最近使ってなかったのでそんなことすっかり忘れていた、だけでした。

さくらのレンタルサーバ ライト

ほなSQLiteで、となるんですが、Movable TypeDrupalと違って、WordPressでは標準でSQLiteが使えません。クライアントには別途データベース借りてもらうかプラン変更も提案しようかと考えましたが、小規模だし面倒をかけるのも避けたいし、てことで、とりあえずプラグイン見つけたので頑張ってSQLite化してみることにしました。

MySQLが使えない共用サーバと言えば、ロリポップのエコノミーなんかも同じような価格帯の競合プランになるかと思います。

ロリポップ エコノミープラン

SQLiteエスキューライトはサーバとしてではなく組み込みで利用するデータベースです。
SQLite – Wikipedia

一般的に、月間数十万PV〜といったアクセスが見込まれるようなサイトでのSQLite化は勧められていないようですが、当案件はページ数も少なく、現状は心配なさそうです。後々アクセス増加がある場合にはサーバのグレードアップを検討すればいいと思います。さくらインターネットのレンタルサーバでは、ライトのひとつ上、スタンダードプランからMySQLが使えます。

プラグイン「SQLite Integration」

さて、WordPressSQLiteを使用するために、WordPress本体にSQLite Integrationというプラグインを入れた状態で初期設定するのですが、色々ググってみた結果、製作者ご本人による日本語ドキュメントが一番わかりやすく参考になりました。基本的にはこちらの内容だけですぐ使えるようになると思います。

SQLite Integration — WordPress Plugins

日本語版のドキュメント
SQLite Integration(ja) | ユニマージュ

「頑張ってSQLite化」などと言ってみたものの、ドキュメントにあるインストール時の手順以外は特に作業がありません。プラグインの一覧にも一応SQLite Integrationが表示されるようになりますが、有効化する必要もないみたいです。

WordPress Plugin 'SQLite Integration'

また、SQLiteでは他プラグインがうまく動作しない可能性もあるとのことですが、今回の案件では今のところ何も問題ありません。


一点だけ面倒だったのは、ローカルから本番環境へ移設する際のメディアURLなどの一括変更です。SQLiteを使った場合、Database Search and Replace Script in PHPのような移行ツールが使えないため、管理ツールを探してデータベース内の文字列の置き換えをしました。

いくつか試してみて、結局(苦手な)SQLでやれよ的なものばかりだったので、その中でも扱いやすそうだったphpLiteAdminというツールを使いました。phpLiteAdminはPHPファイル1個と設定ファイルだけの簡単な構成なので設置もラクです。

phpLiteAdmin

phpLiteAdmin自体の詳しい使い方については、解説するほど使ってないし他に詳しい記事をいくつか見つけたので控えることにします。ちなみにSQLite Integrationのデフォルトでは、データベースはドットから始まる不可視ファイルになっているので、バックアップも兼ねて適当にコピペ&リネームしたものを編集してから元ファイルと差し替えるのがいいと思います。

これにて、無事本番環境にアップすることができました。小さな規模のサイトであれば、さくらインターネットのライトプランでもSQLiteを使ってなんとかWordPressの運用ができそうです。その際は、サーバコントロールパネルでPHPのバージョンも確認してみることもお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)