タグ「音符」の付いた記事

装飾音符とアルペジオ(インディペンデント)

前打音などの装飾音符は、インディペンデントの属性を設定する。インディペンデントの音符の音価はないものとして扱われ、後に続く音符がずれることなく表示できるようになる。装飾的な分散和音(アルペジオ)の場合はインディペンデントだけでは難しいので声部を分けて作成する。 … 続きを読む

符尾の向き・長さを変える

音符の符尾の向きや長さの変更は、スコアウィンドウのメニューからできるが、キーコマンドを使った方が早い。 符尾の上下の向きを変える 符尾の向きを変えるには、スコアウィンドウで音符を選択した状態で「メニュー › 属性 › 符尾 › 上向き(下向き)」で … 続きを読む

臨時記号を変更する

リアルタイム録音などで音符に自動で付いた臨時記号は、後から嬰種・変種に自由に変更できる。位置も音符個々に設定できる。パーツオブジェクトには単体で臨時記号が用意されていてカダーンスなどにも利用できる。 異名同音に切り替える 音符を … 続きを読む

シンコペーションの表記

シンコペーションはリージョンごと、音符ごとのどちらでも設定できる。一部分にしか出てこないのであれば該当する音符にだけ適用すればいい。 リージョンは表示パラメータで、各音符は音符属性ウィンドウで設定する リージョン全体に設定する場 … 続きを読む

クオンタイズをかける

リアルタイム録音でスコアに音符がうまく配置されない、細かい音符を表示させたくない、ステップ入力時に決まったステップで配置したいといった時はクオンタイズで音符を整列させる。 スコアウィンドウでのクオンタイズは再生に影響を与えずにかけることが出来る。再生にもクオンタ … 続きを読む

連符を入れる

Logicでは連桁にする音符の数に制限はない。レイアウト上無理がない限りは連桁にして、連符数を表記することが出来る。初期設定で表示された連符を変更するには、連符を形成する音符の属性を編集する。 選択した音符を連桁に 音符を連桁にするには、連桁にした … 続きを読む

記号の位置を調整する

記号の移動・位置調整も方法は音符の場合と同じだが、五線と五線の間なんかに配置する場合は注意が必要。音符と違って五線からはるか遠くへ配置できるため、データ上で上側・下側のどちらの譜表に属しているかを把握する必要がある。 正しい譜表に配置されているか確認する … 続きを読む

音符の位置を調整する

音符の高さや位置など、スコアウィンドウで音符を移動する場合は選択ツールでドラッグする。一方、実際のMIDI演奏を変えることなく楽譜上の位置を調整するだけの時はレイアウトツールを使う。 選択ツールで音符を移動する(演奏に影響あり) … 続きを読む

小節を改行する

小節は、スコアソング設定で、一段あたりの基本的な最大小節数を決められるが、レイアウトツールを使ってその都度動かすことも出来る。 レイアウトツールを使う 小節の移動には、スコアウィンドウのツールボックスにあるレイアウトツールを使う。改行したい小節を掴 … 続きを読む

音符をタイで分割する

連符の中やシンコペーションなど、音符をタイで分割したい時は音符の途中(分割したい箇所)に休符を入れる。挿入する休符はどれでもいいが、小さいものの方が細かく分割する時は便利。 音符の途中に休符を入れる 全音符の二拍目の頭あたりに休符オブジェクトを入れ … 続きを読む