DTMLogic7で楽譜作成
小節線を変更する

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成

小節線を変更するには、パーツオブジェクトから選んで、変更したい小節線の箇所までドラッグして入力する。
小節線は上書きによる変更しかできないので、元に戻すには通常の小節線を選んでドラッグする。

パーツオブジェクト › 小節線グループ

Logic7 パーツオブジェクト › 小節線グループ スコアウィンドウのツールボックスにある“小節線グループ”を選択、小節線のパーツオブジェクトを表示させる。

Logic7 小節線を挿入 パーツオブジェクトから希望の小節線をドラッグ。

Logic7 小節線を挿入 元々小節線がない部分(小節の途中)に挿入する場合は、一旦リージョンを切断してから挿入する。
上書きによる変更しかできないので、通常の小節線に戻す場合もパーツオブジェクトから単線の小節線を選んでドラッグする。

繰り返し記号を入れる

Logic7 繰り返し記号(カッコ2) 繰り返し記号は、ツールボックスの小節線グループに入っている。
"繰り返しの小節線"と"カッコ1"はそのまま使うとして、"カッコ2"は挿入時に数字を変更できるようになっている。

ドラッグするとテキスト部分が選択状態になるので、そのまま希望の数字を入力。
拍子記号の"A/B"などもこの方法で希望の数字を入力できるようになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)