DTMLogic7で楽譜作成
符尾の向き・長さを変える

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成

音符の符尾の向きや長さの変更は、スコアウィンドウのメニューからできるが、キーコマンドを使った方が早い。

符尾の上下の向きを変える

符尾の向きを変えるには、スコアウィンドウで音符を選択した状態で「メニュー › 属性 › 符尾 › 上向き(下向き)」で行う。
ショートカット control+home(上向き)、control+end(下向き)が早い。
符尾の属性を設定すると、音高によって自動で向きが変わらなくなる。

Logic7 スコアウィンドウ › 下向きの符尾 下向きの符尾

Logic7 スコアウィンドウ › 上向きの符尾 上向きの符尾

符尾の長さを変える

符尾の長さを変えるには、スコアウィンドウで音符を選択した状態で「メニュー › 属性 › 符尾 › 上方向へ(下方向へ)」で行う。
ショートカットが割り当てられてないのでキーコマンドで設定したほうが良い。メニューからは、長さが1段階ずつしか変えられないので時間がかかる。
› ショートカット/キーコマンドを使う

Logic7 スコアウィンドウ › 短い符尾 短い符尾

Logic7 スコアウィンドウ › 長い符尾 長い符尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)