DTMLogic7で楽譜作成
各弦にチャンネルを割り当てる

投稿 | | カテゴリー Logic7で楽譜作成
各弦にチャンネルを割り当てる

ギターやベースのタブ譜で、思い通りの運指を表記するためにはチューニングに見合ったタブ譜のスコアスタイルを用意した上で各弦にチャンネルをアサインする。
Logicではダイアグラムの表記はできない。

タブ譜へのアサイン

各弦にチャンネルを割り当てるにはスコアソング設定でタブ譜の項目を開く。
› スコアソング設定

スコアソング設定 › ギタータブ譜

Logic7 スコアソング設定 › ギタータブ譜

名称
タブ譜のスコアスタイル一覧。ギター・ベースだけでなく、チューニングごとにスコアスタイルを定義しておく必要がある。
各タブ譜で使用する弦の数。
アサイン
タブ譜を作成するためには、“チャンネル”か“チャンネル反転”にする。“チャンネル反転”は第1弦をチャンネル1にする。“チャンネル反転1, 2”はベース用でそれぞれ4弦用と5弦用。ギターとベースの最低弦のチューニングに合わせてチャンネル番号が"3, 4, 5, 6(4弦の場合)"になる。
MIDIギターでのリアルタイム録音では、このチャンネル設定で運指どおりのタブ譜を表記できる。
各弦のチューニング(1〜6)
タブ譜上で然るべき場所に音符が配置されるように各弦の開放弦の音名を指定する。変則チューニングの場合は設定が必要。

設定したタブ譜を使用する

タブ譜をスコアで使用するには、スコアスタイルのウィンドウで「音部記号」を“TAB ”から始まるタブ譜のスタイルに変更する。
› スコアスタイル

  1. Logic7 スコアスタイルにある音部記号の項目 スコアスタイルを開いて「音部記号」をクリックする。

  2. Logic7 スコアスタイルにある音部記号の項目をタブ譜に変更する 先ほど編集したタブ譜を指定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)